退職したら任意継続か国民健康保険

勤務していた会社を辞められる場合、それまで会社を通して社会保険に加入していた方は、勤続期間などの条件にもよりますが、退職時に2つの健康保険の選択を迫られることになります。
任意継続とは、それまで加入していた社会保険事務所の社会保険や、共済組合、健康保険組合の保険を最大2年間継続する権利です。2ヶ月以上の勤務による保険加入歴があること、退職後20日以内の申請であることを条件に、この権利を行使することができます。ただし、今までの保険を継続するとはいえ、今まで会社が負担していた分がなくなり、個人の保険料として計上されるので、負担金が多くなる場合もあり、特に個々の保険組合、共済組合などは独自の計算方法を持っているため金額を確かめてみることは必要です。
継続の保険料が極端に高い場合を除いてですが、確実な利点としては、継続しない場合もした場合もいずれ加入しなければいけなくなる国民健康保険は市区町村別に計算されるもので、これも事前の試算が必要ですが、基本的には前年度の収入を基準に算出されます。だから1年ないし2年の任意継続の後に加入する場合、現役で働いていた時の収入を元に算出される初年度に比べて、1年後、2年後に収入が減る見込みの場合、初年度に加入するより格段に安くなります。
会社側から説明がある場合もない場合もありますので、20日以内にご自身で調べる必要があるケースは注意が必要です。

コメントは受け付けていません。