老後だけではない年金の役割

年金は老後の生活を支えるために貰える定期的な所得をイメージする事が多くありますが、この公的な支払いは、さまざまな面で生活を手助けをしてくれる役割があるものなのです。老齢の定期的な支払いについては、定年後の生活の大きな支えとなってくれますが、公的なもの中には障害を負った際に支払われるものや、遺族として受け取れるものがあり、障害者になってしまった場合や、生計を支えていた加入者が死亡してしまった時に、このお金が支払われるようになっています。
遺族に対して支払われるものは、世帯主が死亡した時に、家族に支払われるものです。これは給付を受ける為には一定の保険料の納付を必要としているもので、納付済みの期間が加入期間の一定の割合であることが条件です。
そして、障害を負った際に支払われるものは、加入者が病気や怪我で障害が残った場合に支払われます。これは、一定の年齢で受け取れるものとは違い、障害を受けた時点で支給されるものなので待つ必要の無いものです。
この障害を負った際に支払われるものは、特定のものに加入していることが条件で、障害を負った際に該当する公的な基準に応じ、該当する身体的な障害が残った場合に受給出来ます。

コメントは受け付けていません。