窓口負担は3割

医者にかかった時、病院の窓口負担は3割と言われています。
なぜ3割負担で済むのか、ご存じですか?
これは「健康保険法」という法律で定められています。
大昔は「病気になった人が応分の料金を払って、医者にかかればいいじゃないか」という考え方でした。
ところがこれでは「お金がないので医者にかかれません」という人が居ました。
病気の中には、放置すると死亡したり、他人に感染したりするものもあります。
そのため、親が病気のために死んでしまい子供が路頭に迷ったり、伝染病が流行して人々の生活が不安になるような出来事が起こったりしました。
病気は誰にでも起こるものであり、本人の責任とは言えないものもあります。
病気のために命が失われたり、生活しづらい世の中になってしまっては国として問題だということで、国民同士が保険料を払って助け合う制度、すなわち今の健康保険制度ができたのです。
もっとも、この制度にも問題点はあります。
それは「みんなが病気になってしまったら、今のお金では足らなくなる」という点です。
以前は自己負担は1割でしたが、昨今の医療費の増大により、自己負担の割合を増やさざるを得なくなりました。
日本人の「絆」を守るためにも、病気そのものをなるべく予防するよう、国民ひとりひとりが努力することが望まれます。

コメントは受け付けていません。