病気やケガで障害が残ったら障害年金

障害年金は、たとえば病気や怪我で障害が残ったときに請求できる公的年金の一つですが、障害という明確な定義は実はこの年金に関してはありません。よく勘違いされることがあるのですが、いわゆる障害者手帳を持っていないと請求できないと誤解されています。
障害者手帳が無くても、先述のように病気や怪我をして、今後の生活に重大な支障が出る場合に請求できるものです。このため、障害者手帳の交付の要件と、この年金の支給の要件は異なっていることを知っておく必要があります。
それ以外にもこの年金には要件をいくつか満たす必要があり、重度の病気や怪我があってもその要件を満たしていなければ支給されないことがありえます。
主な要件としては、国民年金保険料などに未納が無いことなど様々で制度が非常に複雑なために、もしこの制度を使って請求しようと考えている場合には、できれば年金の専門家である社会保険労務士に相談、依頼したほうが支給される可能性は高くなります。
特に初診日の考え方は重要で、この日を基準にして考えていくことになるので、もし国民年金等を未納しているような方は速やかに納めることと、もし払えない状況であれば免除の規定もあるので速やかに年金事務所などに申請しそれを活用して、未納という状況を避けることが望ましいとされています。

コメントは受け付けていません。