社会保障で知っていると得すること

}PgžxQ国の社会保障制度は基本的には国民に得する様な制度ですが、様々な制度を利用するには自分から制度を利用したいと言う意思表示をしないと制度を使えないと言う国の方から積極的に制度を使って下さいと言う制度は基本的には無く、例えば高額医療費や老齢年金等も自分から申請しないと使えないと言うデメリットが有ります。
多くの人は年金がもらえる年齢になったら自動的にもらえると考えている人も多く、誤解を招いている点も多く社保事務所や市区役所に年金支給の申請をしないともらえません。
他にも上手に使えば得をする制度や助成も多いのですが、政府からは制度の紹介を積極的にしている訳ではないので自分から情報を入手しないといけません。
例えば前述の高額医療費や先進医療費に対する助成は、病院の領収書を添付して助成請求すると一定の医療費が還付されてきますのでこれは医療費の支払いを大きく助けてくれます。場合によっては払った医療費の3分の2程度還付される場合が有りますので、この制度は利用しない手は有りません。
他にも傷病手当等怪我や病気等で仕事が出来なかった分の保証も請求すれば受給する事ができ、便利な制度ですが年金に関しての注意点は定期的に確認のハガキが来ますので、それは返信しないと年金が打ち切られますので必ず返信して意思表示をしましょう。